雇われ社長 #05
流浪の旅を続ける雇われ社長BLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が震える瞬間(とき)
「感動」という言葉でも言い尽くせない

「心が震える瞬間」がある
それは 喜びであったり悲しみであったり恐怖であったり怒りであったり
いい事ばかりではないのかもしれないけど
確かに心が震える瞬間がある

人生って どれだけの「その瞬間」に立ち会えるかなんだろうな

この一年 どうだったろう
まだまだ 心は震えたろうか
パソコンの灯りだけがともる暗闇の部屋の中で自問していきながら
2005が暮れようとしている


皆様方とお会いできたこと
それだけでも2005は捨てたもんじゃない一年だったな
どうか この世から消え去るその一瞬まで 心震える一生であって欲しい
皆様にはとっても感謝しています

よいお年を
スポンサーサイト
年末
正月より年末が好きである
TV番組も圧倒的に年末の方が面白いしなぁ
第一 あの正月の怠惰な気分はあんまり好きでないなぁ
気ぜわしい方が楽しいじゃないか
総務次長の功労で我が家の大掃除も終わったし
最近やってないPSⅡのソフトもまとめて経理部長にあげたし
(お子さん用に)

基本的に「終わり」が好きなのかも知らん
1秒1秒と今年の終わりに近づいている感覚が好きなんだろうな
楽しければ楽しいほど
充実してればしてるほど
ちゃんと終わりたいな って誘惑にとらわれる
次の物語が面白いかどうかは別にしてね
物語の最後の1行って 総ての凝縮だから
05年がちゃんとした1年だったって締めたいね
楽曲について考える
今年のNO.1曲を考えた
let go<m-flo loves YOSHIKA>
DO THE MOTION<BoA>
の2曲に絞ったが『DO THE MOTION』にした

いや なんと言われようといいんだ オイラが勝手に決めるんだから
(青春アミーゴも迷ったがな)
売れてる売れてないんじゃないんだ
プロモ見てて「BoAは踊り子だなぁ」と決めた
オイラの中でこの「踊り子」の称号は過去レベッカのノッコにしか与えてない偉大な称号である
安室・hiroも もひとつ違う
倖田なんてまだまだだ

いやいや
つまらんブログで申し訳ない
結局 3連休の目標は一個しか達成できんかったんで・・・

3連休
久しぶりのお休みだ

この3連休で4つのことをやると決めた
①部屋の掃除
②スロットで30万GET
③サウナ→タイ古式マッサージ
④フォーラムの資料作り

経理部長がやって来て言った
「社長 まぁやれるのは一個でしょうねぇ」
「へぇっ?」
「サウナだけでしょう 社長の性格からしたら後の3つは無理ですね」
なにを失礼な
とりあえず今日③のサウナは達成 しかし・・・スロットでは5万負けてしまった

あぁこんなことなら嬢に財布送ればよかった・・・

街はクリスマス
最近のイブで必ずやってることって・・・
「明石家サンタのクリスマスショー」見ることくらいだなぁ
八木亜希子が好きでなぁ
一年でこの日しか彼女を見れんしなぁ

札幌ホワイトイルミネーションの画像でも貼るか
パクリだがな
観光案内と言えば叱られんだろう
24.jpg


ストーブ その2
おつぼねさんへの返信に代えて


有能な総務次長が救援に来た
しばらくガタガタひっぱたいていたが・・・
「点きましたよ しばらくこのまんま燃焼させていてくださいね」
と、言い残すと月光仮面のように去っていった

う~ん 惚れるな

室温は19℃まで上昇 よしよし

・・・と、油断したのがまずかった
今 ストーブはチカチカと故障ランプが点滅したまま 眠り込んでいる
ま 余熱で生きていくか
ストーブ
基本的にストーブは点けない
寒い方が死んだように眠れるからな
青森時代に「室温2℃」というのがあったが まだ生きている

ただなぁ
年取ったかなぁ
札幌も寒波でなぁ
ストーブ点けることにした

ガス栓開いて
スイッチ入れて
・・・・
あれ?
あれ?
・・・・
なんだ壊れとる

いいや 鍋でも食って寝よ
忘年会
素晴しい仲間達だ 本当にいい仲間に恵まれた

今日は忘年会 本社の50人が集まった
北海道だからな ジンギスカン
ホールは広い めちゃウルサイ
まぁウチのグループが一番騒いでいたからな

今年いっぱいで辞める娘 ふたり
ひとりは「お菓子職人」をめざす
ひとりは「オーストラリア」に旅立つ
夢を追え ここでの毎日を大事な財産として夢を追え
握手して頭ひっぱたいて(パワハラ社長だ)送り出した


ホールはとにかくウルサイ 客何百人入れてんだろう
終わりの時間だ
幹事が言う「社長 締めろ」
オイラ中央に立つ
思わず両手の拳を突き上げる(チャゲアスのYAHYAHYAHの感じな)

「みんな 俺の声が聞こえるかぁ」

土鳴りのような うぉぉ~という響きが返ってくる
周りの客は一斉にこっちを見る
(あぁヒットラーや他の独裁者はこんな声に鼓舞されたんだろうなぁ)
「神が人間にくれた一番優しい能力はな『忘れる』って能力だ 今年はみんなに辛い思いをさせた でも全部忘れたかぁ」
「うぉぉ~」
(全然意味わかんないな)
「でもまた明日が来る この仲間で勝っていくぞ」
「うぉぉ~」
(酔っ払いの論拠だなぁ)
「全員で一本で合わせるぞ いいか」
「うぉぉ~」
「いくぞ よぉっ パン

ハハハ すまん オイラの会社こんな会社だ

天才寿司職人
今日は 今夜だけは こいつの話を書かねばならない

オイラの友人 <すすきの>の天才寿司職人
30代半ば まだまだ上手くなる
こいつの握る「塩アナゴ」こいつが差し出す「椀物」
紛れもない 天下一品の味だ
いつの日か必ず<すすきの>を席巻する日が来るだろう

最初の出会いは6年前
オイラ好きな子がいてな でも歳も離れすぎてるし言えなかった
ある日 その子から誘われた
「付き合ってる人がいるんです 会ってみてもらえますか?」
まぁ残酷といえば残酷な誘いだな でもオイラのキャラクターならしょうがないか
「いいよ 行こうや」
そして彼ー今日の主役ーの大将の店に来た

いい男でな
腕は一品
ギャクが あまりに面白くないので逆にツボにはまって笑ってしまう
こいつのギャグほど面白くないギャグを聞いたことがない
めげずに機関銃のように言って来やがる
「いい男じゃないか」

彼女は嬉しそうにニッコリ笑った


でも時間は流れ 大将と彼女は別れた 大将がふられたんだな

大将の店はこじんまりとしていてカウンターは7~8席
札幌のNO.1の店で修行を積んで独立したそうな
客は少ない
オイラよく若い衆連れて行った 少しでも売上になればな
ふられた者同士の妙な連帯感もあった


ある日行くと綺麗な日本美人が手伝っている
「なに いい子雇ったね」
「いいえ・・・妻でして・・・」
「へぇっ 結婚したの おめでとう」
客はどんどん増えていった

オイラ大事な奴は必ずこの店に連れて行った


今日若い衆から頼まれた
「大事な人 あのお店に連れて行きたいんです 社長TEL入れておいてくれませんか」
「おお いいぞ 安くしてやってくれって言っておく」

TELした
・・・お掛けになった電話番号は現在使われておりません・・・
ええっ おいおいおい
またTELした
・・・お掛けになった電話番号は現在使われておりません・・・

おいおいおいおいおい どうしたんだ どこ行ったんだ
潰れちまったのか おいおいおいおいおい
おーーーーーーーいっ













若い衆が名刺を持ってきた
「社長 携帯NO.書いてました」

電話した

奥さんが出た

「どうしたの お店畳んじゃったの?」

・・・・・・
「いえ・・・」
「ん?」
・・・・・・
「すみません」
「ん?」
・・・・・・


天才は先月 店を出たとたんに倒れ 急逝してしまっていた

文章がまとまらない
読んでくれた方 すまない
なんで あんないい男が逝っちまったのか
まとまんないけど
今日はあいつのことを書かなきゃ
書かなきゃ
バカヤロウ





疲れたよぉ
昨日まで4泊5日のフォーラム遠征
疲れまくっていたので更新は今夜にさせてもらった

今日は今日でいろいろあった
ここでは書けない
社長業で一番辛い仕事だった

証人喚問
国会議員も突込みが弱いなぁ 合格点は数えるほど
今回の偽装の真因を 何故?何故?何故?で追っていったら
結局は国の責任だと思う
真犯人が悪人を追及したって・・・無理だよなぁ

疲労回復してないな
あっちこっちコメントしに行って寝るか
謝恩会
051202(1).jpg


いやぁ 忙しかった
取引先の社長さんたちに集まってもらって情報交換会を開いたのさ
社名変えたり組織変えたり 毎年変化変化で来てるもので
「オマエいったい何したいんだ?」
と 言われる。 ・・・んで、まぁ戦略説明しとかなきゃな と、開催した。

もともと12月のこの時期は取引先の女性ばかりを集めて謝恩会してたんで
(女性陣にはあんまりこんな機会ないんでな感謝の気持ちで始めた)
(社員には「ホストに徹しろ」と指示している)
たまには親分連中も一緒に楽しんでもらおうと思った。

051202(2).jpg

051202(3).jpg


すべて社員の手作りでな
今年は「HG」「インリン」「小力」「レギュラー」が登場した
「ベンチャーズ」もいたなぁ めちゃくちゃ
(一流ホテルがよく拒否せずに使わせてくれてるもんだと感謝)
ビンゴやクイズ合戦も盛り上がった
芸達者な社員達を持つと社長は楽である
(そいつらの画像を載せようと思ったが「社名」がくっきり写っているもんで断念)
(一応まだまともな時間帯の写真にした)
まぁいろんな会社が集まっての100人の忘年会も楽しいものである

女性陣にとっては恒例のクリスマスパーティーになってるようだ
オイラ 女性には弱いのである



プロフィール

雇われ社長

  • Author:雇われ社長
  • 画:コウバラ画伯



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



天気予報


-天気予報コム- -FC2-





<
/body>