雇われ社長 #05
流浪の旅を続ける雇われ社長BLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が震える瞬間(とき)
「感動」という言葉でも言い尽くせない

「心が震える瞬間」がある
それは 喜びであったり悲しみであったり恐怖であったり怒りであったり
いい事ばかりではないのかもしれないけど
確かに心が震える瞬間がある

人生って どれだけの「その瞬間」に立ち会えるかなんだろうな

この一年 どうだったろう
まだまだ 心は震えたろうか
パソコンの灯りだけがともる暗闇の部屋の中で自問していきながら
2005が暮れようとしている


皆様方とお会いできたこと
それだけでも2005は捨てたもんじゃない一年だったな
どうか この世から消え去るその一瞬まで 心震える一生であって欲しい
皆様にはとっても感謝しています

よいお年を
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

今頃は、もう温泉で親孝行なさってるんでしょうか?

今年は、秘所子さんを通じて社長とお知り合いになれて、いろんな事を学ばせて頂きました。
人間として、経営者として、男性として、たくさんの宝物を懐に秘めた方と尊敬しております。

来年も、ぜひお世話にならせて下さい。
では、よいお年を。
【2005/12/31 16:32】 URL | おつぼね #- [ 編集]


あけましておめでとうございます。
いつも読ませていただいております。そして、社長の言葉が私の琴線に触れたとき、コメントをさせていただいております。
「心が震える瞬間」、ありますね。
鳥肌が立つほどの感動。言葉が出てこないほどの感動。
今年はそんな瞬間を何度味わえるでしょう。
そして、私は、一年に一度、いや5年に一度でもいいです。
人の心を震わせるようなことがしたいです。
昨年は、多分それができました。
今年も、そんなことができれば良いと願っております。
みなさんも、良いお年をお迎え下さい。
【2006/01/02 01:27】 URL | 芭空 #- [ 編集]


>姐さん

大変ありがたいお言葉をどうもありがとうございます
でも そんな たいした人間ではございません
姐さんのそのお言葉こそを‘宝物’に今年も頑張りたいと思います
よいお正月を迎えられましたか?

>芭空さま

>昨年は、多分それができました
そう言えるって素晴しいことですね
一生懸命生きた者だけに許される発言だと思いますよ
今年も そういう瞬間に向かいあえるよう
お互い頑張っていい年にしていきたいですね
【2006/01/03 00:26】 URL | 雇われ社長 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://maruto.blog14.fc2.com/tb.php/63-20dcbb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雇われ社長

  • Author:雇われ社長
  • 画:コウバラ画伯



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のコメント



最近の記事



最近のトラックバック



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



過去ログ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



天気予報


-天気予報コム- -FC2-





<
/body>